[NEWS] 「地域スポーツの活性化」に資する活動の強化について (2019/8/5)

一般社団法人練馬放送では、スポーツによって地域の交流促進や情報発信がより積極的に行われていくことを目的にした「地域スポーツの活性化」にも注力してきましたが、それを更に発展させた取り組みを行って参ります。

その具体的な施策の一貫として、これまで石神井にあります東京海上日動石神井スポーツセンターを拠点とし、昨シーズンまでバスケットボールB3リーグに所属していた「東京海上日動ビッグブルー」のホームゲーム運営や広報活動等のサポートに加え、練馬区に隣接する板橋区をホームタウンとし、来る2019-20シーズンからバスケットボールB.LEAGUE B2に昇格する「東京エクセレンス」の活動にも参加し、より活動の幅を広げることとなりました。

その中で、練馬放送理事でもある高橋広穏(登録名は「高橋ひろやす」)が、2019-20シーズンの東京エクセレンスホームゲームにおける「アリーナアシスタントMC」に就任することとなりました。これまで東京海上日動ビッグブルーのホームゲームでもゲームMCを務めた経歴を持つほか、その他にも様々なイベントや催しの司会やMCも務めており、その経験・知見を生かして活動していきます。さらに、練馬放送が法人として「エクセレンスビジネスクラブ」にも加入しエクセレンスをサポートしていきます。

練馬・板橋の城北地区から地域スポーツ、まずはバスケットボールを盛り上げていくことを通じ、地域の皆様と共に地域活性化に貢献して参ります。詳しくは東京エクセレンス公式サイトをご覧ください。

東京エクセレンス公式サイト「2019-20シーズン アリーナMC決定のお知らせ」
https://tokyo-excellence.jp/news/detail/id=18003